安藤美姫の世界フィギュア2011のフリー演技 【優勝】【動画】

--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ  人気ブログランキングへ
CM(-)
この記事のURL: http://idolsukiotoko02.blog27.fc2.com/?overture" target="_new 
編集Topへ戻る ▲

2011.04.30 Sat

安藤美姫の世界フィギュア2011のフリー演技 【優勝】【動画】

4月30日にロシアのモスクワで行なわれた世界フィギュアスケート選手権2011【World Figure Skating Championship 2011】での女子シングル日本代表の安藤美姫(Miki Ando)のフリー演技です。

今回はこの動画をご紹介します。
安藤美姫(Miki Ando) フリースケーティング曲名
「ピアノ協奏曲 イ短調」 by エドヴァルド・グリーグ


● ( 7分35秒)


フィギュアスケート・ランキング←応援クリックよろしくお願いします。




● ( 6分52秒)


● 表彰式 (11分46秒)


【世界フィギュア選手権 2011 女子シングル最終結果】
順位選手名(出身国)合計得点ショート(SP)フリー(FS)
1位安藤美姫(日本)195.7965.58(2位)130.21(1位)
2位キム・ヨナ(韓国)194.5065.91(1位)128.59(2位)
3位カロリーナ・コストナー(イタリア)184.6859.75(6位)124.93(3位)
4位アリョーナ・レオノワ(ロシア)183.9259.75(5位)124.17(4位)
5位アリッサ・シズニー(米国)182.2561.47(4位)120.78(5位)
6位浅田真央(日本)172.7958.66(7位)114.13(6位)
8位村上佳菜子(日本)167.1054.86(10位)112.24(7位)

【世界フィギュア選手権 2011 女子フリースケーティング(FS)結果】
順位選手名(出身国)総得点TSS総要素点TES総構成点PCS減点
1位安藤美姫(日本)130.2165.7564.460.0
2位キム・ヨナ(韓国)128.5961.7266.870.0
3位カロリーナ・コストナー(イタリア)124.9360.3064.630.0
4位アリョーナ・レオノワ(ロシア)124.1762.3561.820.0
5位アリッサ・シズニー(米国)120.7860.6561.131.0
6位浅田真央(日本)114.1354.1959.940.0
7位村上佳菜子(日本)112.2455.6256.620.0

 フィギュアスケート・世界選手権第6日(30日、モスクワ)女子フリーが行われ、安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が、合計195・79点で4年ぶりの2度目の優勝を果たした。連覇を狙った浅田真央(20)=中京大=は172・79点で6位。村上佳菜子(16)=中京大中京高=は8位に終わった。約1年ぶりの国際大会出場となった金妍児(韓国)が2位だった。

 安藤は大きなミスなく滑り、フリーで1位の130・21点を獲得して金妍児を逆転した。浅田はフリーでも3回転半が2回転半と判定されるなど、ジャンプでミスが重なった。村上は3回転ジャンプが抜けて1回転となるなど112・74点、計167・10点で8位だった。

 SP首位だった金妍児は、ジャンプが抜けるミスもあり得点が伸びず2位。カロリーナ・コストナー(イタリア)が3位だった。



安藤美姫の話
「強い気持ちでリンクに立てた。初優勝の時は驚きだったが、今回は表彰台に上がれればいいと思っていたので、金メダルになってうれしい。日本が困難な状況で、多くの人に笑みが戻ってくれればいい」

浅田真央の話
「百パーセントの出来ではないが、今の調子で最高の演技ができた。流れは良かった。(トリプルアクセルは)ずっとこれまでやってきているので跳びたかった」

村上佳菜子の話
「絶対きのう(SP)の悔しさを挽回しようと思ったので緊張しなかった。失敗してもいいから元気よく滑ろうとした。来年からは勉強になったことを直せるようにしっかり練習したい」

金妍児の話
「緊張し過ぎてしまって2回転トーループでミスをしてしまった。バンクーバー五輪の後、なぜ復帰しなければならないのかとずっと悩んできた。練習と同じような演技ができなかった。今はただリラックスしたい」

吉岡伸彦・日本スケート連盟フィギュア強化部長の話
「安藤はチャンスが十分あると思っていた。よく頑張ってやってくれた。今シーズンはいい流れできていた。成長したと思う」

伊東秀仁・日本スケート連盟フィギュア委員長の話
「安藤は自信を持って落ち着いて滑っていた。今季は安定した成績を出している。優勝して本当にうれしく思う」

(4月30日 サンケイスポーツより)



(フィギュアスケートの世界選手権で優勝し、メダルを手に笑顔の安藤美姫=30日、モスクワ(共同))

フィギュアスケート・世界選手権第6日(30日、モスクワ)4年ぶりに立つ表彰台の真ん中で、安藤は日の丸を見つめた。英語にロシア語も交えた優勝インタビューでは「初優勝の時は驚きだったが、今回は表彰台に上がれればいいと思っていたので、金メダルになってうれしい」。無数にたかれたカメラのフラッシュが、女王の帰還を祝福した。

 SP首位の金妍児と0・33点差で迎えたフリー。穏やかな表情のSPと打って変わって、気迫みなぎる顔つきで4分余りを滑りきった。「強い気持ちを持ってリンクに立てた」。見せ場の後半に用意した2回転半-3回転で、二つ目が2回転になったのが唯一のミス。今季は6戦5勝となり、すべてフリーで1位の得点をマークした。“逆転の安藤”はこの日も健在だった。

 4回転ジャンプにこだわった、かつての姿はない。持ち味の安定感に、磨きをかけてきた情感あふれる滑りが加わり、23歳は大人のスケーターへと進化を遂げた。
(共同)


ニコライ・モロゾフ・コーチの話
「安藤はとても強いスケーター。常に安定した演技ができるから勝てた。彼女は世界のナンバーワンだ。小さなミスは出ると思っていたので、心配はしていなかった」
(4月30日 サンケイスポーツより)


【関連記事一覧】
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ  人気ブログランキングへ
テーマ:フィギュアスケート- ジャンル:スポーツ
コメント(0)
この記事のURL: http://idolsukiotoko02.blog27.fc2.com/blog-entry-2003.html 
編集Topへ戻る ▲


この記事へのコメント
コメントの投稿




  (←絵文字を挿入できます)

※コメントは自動的に「太字」で表示されます。
※記事本文への返信は 「>番号」又は「>>番号」で、コメントされた文への返信は「※番号」又は「米番号」で、その番号へのポップアップアンカー(返信)ができます。

管理人のみ閲覧可能なコメントにする場合は「チェック」を入れて下さい




カテゴリ

【サイト内検索】

管理者ページ
コメントありがとう
マイプロフィール

☆しん☆

Author:☆しん☆

ブログ情報
頑張る女性アスリートを応援するサイトです。美人アスリートの情報が満載です。
(Since 2006.05.01)
QRコード
 [QRコードです]


似顔絵アバターメーカー
で作りました

[お願い]
当ブログ内に載せています方々の動画や画像は純粋な応援目的のために使用させていただいております。著作権を侵害する目的ではありませんので、ご関係者の方々には何卒ご理解くださるようお願い致します。


ツール
track feed
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。