高橋大輔が金メダル!世界フィギュア2010で日本男子初【動画】

--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ  人気ブログランキングへ
CM(-)
この記事のURL: http://idolsukiotoko02.blog27.fc2.com/?overture" target="_new 
編集Topへ戻る ▲

2010.03.26 Fri

高橋大輔が金メダル!世界フィギュア2010で日本男子初【動画】

イタリアのトリノで開催中の世界フィギュアスケート選手権2010【World Figure Skating Championships 2010】で、男子シングル日本代表の高橋大輔(Daisuke Takahashi)が、日本男子初となる「金メダル」を獲得するという快挙を達成しました。

今回はそのニュースと動画をご紹介します。

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は25日、イタリアのトリノで男子フリーを行い、バンクーバー冬季五輪銅メダリストの高橋大輔(関大大学院)が日本男子で初の優勝を飾った。

 前日のショートプログラム(SP)で首位に立っていた高橋は、大技・4回転フリップこそ回転不足と取られたが、2度のトリプルアクセルなどジャンプをほぼ成功させ、世界一とも言われるステップで会場を魅了。フリーで168・40点をマークし、この日一番の拍手を送られた。高橋はSPの89・30点との合計で257・70点と、首位の座を譲らず、栄冠を手にした。

 SPで4位に付けていた小塚崇彦(トヨタ自動車)は、五輪で成功させた4回転トーループで転倒、2度のトリプルアクセルも成功ならず、フリーの得点は132・53と伸び悩み、合計で216・73点の10位に終わった。2位には堅実な演技で合計247・22点を獲得したカナダののパトリック・チャン、フランスのブライアン・ジュベールが3位に続いた。

 フィギュアスケート世界選手権第3日(25日、イタリア・トリノ)両手を突き上げた高橋が、総立ちの観客から拍手を浴びた。会場にいる誰もが、誰が新王者なのかを確信していた。「楽しく滑ることができた。最高のパフォーマンスができた」。はにかみ笑いを浮かべる24歳の胸に金色のメダルが光った。

 イタリアの巨匠、フェリーニ監督の名作映画「道」の世界を、時にしっとりと、時にコミカルに、体全体で表現した。持ち味のステップ、スピンはすべてが最高難度のレベル4。表現力を示す演技点は群を抜き、2位に10点以上の大差をつける圧勝だった。

 五輪で銅メダルに輝いてから約10日間は、達成感から気が抜け「1日1時間、ただ滑るだけ」の日々だった。帰国後は取材も断って今季最終戦に備えたが、五輪前の集中力からは程遠かった。

 エンジンがかかったのはトリノに入ってから。五輪の金、銀メダリストが欠場する中で「優勝したかった」。ただ、重圧はなかった。むしろ「みんな来ないのが寂しかった」と余裕があった。

 注目の4回転ジャンプは滑りだしてから難度の高いフリップで挑戦することを決めた。「行けそう。行っちゃえって」。
結果は回転不足だったが、挑んだことに意義がある。

 精神面のもろさから「ガラスの心臓」と言われた男が、大けがを乗り越え、日本初の世界王者に輝いた。8位に終わったトリノ五輪から4年。悔しさの詰まった銀盤には一回りも二回りも成長した姿があった。(共同)

高橋大輔
「パーフェクトではなかったけど、楽しく滑ることができた。(4回転は)跳ぶ瞬間につまずいたけど、この場で挑戦できて次につながる。五輪のメンバーが全員出ていなかったので百パーセント満足とはいかないけど、いいステップになる」


高橋大輔(Daisuke Takahashi) フリースケーティング曲名
ニーノ・ロータの「道~ラ・ストラーダ」(映画「道」より)



スケート・ランキング←励みになりますのでクリックお願いします。



【関連記事一覧】
高橋大輔 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-02-03)
売り上げランキング: 78
おすすめ度の平均: 5.0
3 オフショットに価値
5 感動が蘇ります☆
5 感動しました♪
5 面白い高橋大輔もいいと思います。
5 素顔がキラリ☆

be SOUL
be SOUL
posted with amazlet
高橋 大輔
祥伝社
売り上げランキング: 499
おすすめ度の平均: 4.5
5 素顔の高橋選手
5 買って良かった!
5 日本男子のエース☆
2 高橋さんのファン以外にはつまらないかも
5 素直な気持ちが表れている一冊

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ  人気ブログランキングへ
テーマ:フィギュアスケート- ジャンル:スポーツ
コメント(1)
この記事のURL: http://idolsukiotoko02.blog27.fc2.com/blog-entry-1437.html 
編集Topへ戻る ▲


この記事へのコメント
  1. [ 滑りと物語 ]  名前: サポーターX  2012/01/20 08:51
    一つの作品が出来る、というのは素晴らしいです。ここの技術とか、滑りとかは基本であろうンが、この人のは、5分以内で物語を表現してしまう。これは他に出来ないスケーターということだろう。素晴らしい。観ていて楽しい。感嘆させられる。
コメントの投稿




  (←絵文字を挿入できます)

※コメントは自動的に「太字」で表示されます。
※記事本文への返信は 「>番号」又は「>>番号」で、コメントされた文への返信は「※番号」又は「米番号」で、その番号へのポップアップアンカー(返信)ができます。

管理人のみ閲覧可能なコメントにする場合は「チェック」を入れて下さい




カテゴリ

【サイト内検索】

管理者ページ
コメントありがとう
マイプロフィール

☆しん☆

Author:☆しん☆

ブログ情報
頑張る女性アスリートを応援するサイトです。美人アスリートの情報が満載です。
(Since 2006.05.01)
QRコード
 [QRコードです]


似顔絵アバターメーカー
で作りました

[お願い]
当ブログ内に載せています方々の動画や画像は純粋な応援目的のために使用させていただいております。著作権を侵害する目的ではありませんので、ご関係者の方々には何卒ご理解くださるようお願い致します。


ツール
track feed
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。